メイン-イメージ画像 ホームへ
HOME > 白骨温泉「地域エコ・小」プロジェクトについて

白骨温泉「地域エコ・小」プロジェクトについて

白骨温泉「地域エコ・小」プロジェクト

~ 白骨温泉「地域エコ・小」プロジェクトについて ~

 白骨温泉は「どなたにでも合うやわらかな乳白色の温泉」と「四季折々の豊かな自然」が特徴の温泉地であります。
 その「温泉」と「自然」はこの地球上の環境を維持すること、または良くして行かないと続いていかないのではないかと考えます。
 そこで白骨温泉では長野県環境保全協会(長野県地球温暖化防止活動推進センター)と公益社団法人 国際観光施設協会、松本市役所、白骨温泉まちづくり委員会(メンバーには環境省など)と協力してCO2排出量の削減を進めていくことで、この大切な温泉と自然環境を後世に残していくことが白骨温泉としての社会に対する責任、企業でいえばCSRに相当するものと思っております。
 最近スーパー台風などという報道があり、これも地球の人々の多くができるだけ様々な生き物が生きて行ける地球環境を作って行かなければならないことへの警鐘の一部ではないかと思います。ぜひ皆様と共にこのすばらしい地球環境をいい状態で残していけたらと思いますのでご協力の程お願い申し上げます。

 今年度は かつらの湯 丸永旅館、泡の湯旅館、山水観湯川荘 以上3軒がこの活動を行っていまして、順次増やしていく予定でおります。

▼温泉旅館の「エコ・小」運動ポスター   PDFダウンロードはこちら(約682KB)

白骨温泉「地域エコ・小」プロジェクト参加施設

▼平成25年度 節電・CO2削減のための構造分析・実践促進モデル事業

(画像をクリックで拡大表示します)

白骨温泉「地域エコ・小」プロジェクト参加施設