白骨温泉の歴史-イメージ画像 ホームへ
HOME > お湯(温泉)について > 白骨温泉の歴史

白骨温泉の歴史

600年ものあいだ、多くの人々に愛されて

白骨温泉入り口

長野県のほぼ中央に位置する信州・松本市。市内の西側に広がる日本の名勝、北アルプスの峰々と霊峰・乗鞍岳。その乗鞍岳の東側山腹に「白骨温泉」は湧きでています。

深い樹林と湯川渓谷に囲まれた野趣あふれる温泉地です。喧騒の歓楽街を逃れて、季節のうつろいを愛で、大自然の恵みを一心に享受したいと願う、多くの湯治客に愛されてまいりました。

白骨を愛する文人・歌人に想いを馳せながら

白骨温泉はいつごろ湧出し、だれが開湯としたのか文献は残ってはおりませんが、鎌倉時代(1185年頃-1333年)北陸地方と幕府を結ぶ最短コース「鎌倉往還(おうかん)」が開かれた際には、すでに湧出していたと伝わることから600年以上の歴史をもつといわれる温泉地です。
戦国時代には武田信玄によって乗鞍岳のふもとに銀山が開発されて、負傷した多くの武士や銀山従事者が訪れていたとも推測されます。

本格的な湯宿が建ち並びはじめたのは、江戸の元禄時代(1688-1703)。連泊しながら病気やケガを治そうと湯治客が訪れました。元来、歓楽のためにつくられた温泉地ではなく、霊泉あらたかな温泉地であり、秘湯として深い山々に守られてきた白骨温泉。病気やケガを治したい一心で訪れる方々ばかりです。
「3日入れば、3年風邪をひかない」という白骨温泉の言葉からは、当時のお客様の本心が聞えてくるような気がします。

以来、現在にいたるまで多くの著名人が訪れてくださいます。『大菩薩峠』を描き、白骨温泉の名を世の中に伝えてくれた作家・中里介山は「五彩絢爛(けんらん)たる絶景」と褒めたたえてくれました。歌人・若山牧水は持病の胃腸病を治すために幾度となくこの地を訪れ、歌を残し紀行文に載せています。
諸国をめぐる文人をもうならせた白骨温泉の風景。山々と緑の木々、野鳥の声に耳をすませながら野天の風呂に浸り、遠い偉人の作品に想いを馳せてみるのも楽しいものです。